WI-FI(法人)

効率的な業務には安定したインターネット回線が必要です。法人用のWi-Fiを導入することで、満足のいく接続環境がすぐに整います。わざわざ有線接続にする必要もなくなります。外部でインターネットを使いたい時、Wi-Fiを持って行くだけで環境を整えることができます。法人Wi-Fiは「干渉波」のフィルターも搭載され、別機器の電磁波で接続が不安定になることもありません。パソコン以外の電子機器が使用されていても安定した接続が可能です。

WI-FI(法人)のメリット

法人向けのWi-Fiは、個人向けの製品と同じく無線でインターネット回線を利用できるのが特長であり、インターネット回線が必要な環境でも有線でつながなければならないという手間やストレスがありません。

ここでは、Wi-Fi(法人)のメリットを実用例もあわせて紹介していきます。

もっと見る

高品質で信頼性の高い国内メーカを採用している

法人Wi-Fiの多くは、高品質で信頼性が高いと評判の国内メーカを採用しています。

この点は、製品を選ぶ時にそこまで意識する必要がありませんが、セキュリティを含めて品質が気になる方は、大手メーカを中心にWi-Fiを探してみてください。

イベント会場や学校など、公共エリアで複数台の接続ができる

企業によっては、イベント会場や学校などの公共エリアでインターネット回線を使うことがあると思います。

そんな時でも、複数台の端末を一つのWi-Fiに接続することができるので、社外でも簡単な設定でインターネット回線を利用できるというメリットがあります。

ほかの対応策としてレンタルWi-Fiを使うという方法もありますが、長期的に試算すると、法人Wi-Fiを導入する方がコストを抑えられます。

急なオフィス新設でもスピーディな対応

新しいプロジェクトを始動させるためにオフィスを新設することになった場合も、法人Wi-Fiがあれば有線を引く必要がありません。

例えば、上階にWi-Fiを設置しており下階にオフィスを新設する場合、上層にあるWi-Fiからインターネット回線を飛ばすこともできます。

距離や状況によって安定性や電波強度に違いはありますが、必要な場所に応じて毎回有線を敷き詰めることに比べると、スピーディにネット環境を構築できることは間違いありません。

さまざまな電子機器にWi-Fiを接続できる

今はネット対応の電子機器が増えていますが、法人Wi-Fiを設置すると各電子機器にも簡単に接続することができます。

例えば、プリンタをネット接続して複数台のPCから印刷を行いたい場合、Wi-Fiに接続するだけで簡単にその作業を行えるようになります。

製品によって接続できる台数が異なりますが、50台、100台とかなり多くの台数に対応している製品が多いです。

「干渉波フィルタリング」による安定した接続品質

Wi-Fiの一つの問題点に「干渉波」があります。

Wi-Fiは電波でインターネット回線を飛ばすため、そのルートに干渉するほかの電磁波があると、ネット回線が不安定になることがあります。

法人Wi-Fiは、干渉波フィルタリング機能が搭載されている製品が多いため、安定した接続を実現しやすいこともメリットです。

フリーアドレスのオフィス環境を構築することができる

フリーアドレスとは、社員に固定の席を用意せず、自由に空いている席を使って働くというワークスタイルです。

最近は、企業のホームページでもオシャレな職場の写真をよく見かけますが、おそらくそのほとんどはフリーアドレスのオフィスでしょう。

  •  Wi-Fiを使う
  •  ノートPCを導入する
  •  スマートフォンやタブレットを活用する
  •  在宅勤務制度を導入
  •  サードオフィスの導入

フリーアドレスは図書館のような空間であり、Wi-Fi以外にも「ノートPCの導入」や「在宅勤務制度の導入」など、固定の席を用意しなくてもいいように、さまざまな対策をあわせて行う企業が多いです。

ビジネスにおいてインターネット回線は必要不可欠ですが、有線をメインにしてしまうと必然的に固定席が必要となってしまいます。

Wi-Fiを導入して無線をメインにすることでフリーアドレスが可能となり、そのことにより、オシャレな職場へ行くのが楽しみになるなど、労働環境の改善につながるメリットもあります。

低い故障率と安心の無料保証がある

法人Wi-Fiは「低い故障率」を特長としている製品もあるため、一度の購入でできるだけ長く利用していきたい場合は各製品の故障率に注目しておくのもお勧めです。

また、「購入後の一年間は無料保証」など、各製品には何かしらの保証が備わっています。初期不良で導入コストが無駄になるということがないので、気軽に安心して法人Wi-Fiを導入できます。

Wi-Fiは何年使える?

Wi-Fiは消耗品なので、利用期間が長くなるほど故障する可能性が高くなります。毎日のようにオフィスでWi-Fiを使うと、2年や3年で故障してしまうという話を聞くこともありますが、実際のところは5年や10年とかなり長く使えることも多いです。

例えば自動車のように買い替えのタイミングというのが存在するわけではなく、故障の可能性が疑われたときに新しいWi-Fiへ買い替えるというのが一般的でしょう。

まとめ

今回は法人向けのWi-Fiのメリットを紹介しましたが、インターネット回線が必須な現代においてはすでにWi-Fiを導入済の企業も多いかと思います。

社内のオフィスをフリーアドレスにしたい、イベントが多いので外出先でインターネット回線を使いたいなど、Wi-Fiの用途は非常に幅広いです。

まだWi-Fiを導入していない方は、メリットを参考にしながら実用性を見出して導入を検討してみてはいかがでしょうか。

比較表

商品名 Managed-Wi-Fi サービス
Managed-Wi-Fi サービス
特徴 ■多台数での安定接続
■豊富な利用実績
■独自の干渉波対策機能
■契約期間は無償保証
料金プラン(税抜) 月4,600円/アクセスポイント
初期費用(税抜) 無料
無料トライアル -
サポート対応 乗り換え/導入支援
電話
メール
チャット
DFS

商品一覧

Managed-Wi-Fi サービス

Managed-Wi-Fi サービス

テレコムエンジニアリング株式会社(Telecom Engineering CO.,LTD.)

  • 企業向けに最適な無線環境をご提供
  • 機器をLANに接続して電源を入れるだけ
  • 万が一の故障も交換機器と置き換えるだけ