RPA(間接業務自動化テクノロジー)

単調な作業の多いオフィス業務の自動化・効率化に役立つのが、RPA(間接業務自動化テクノロジー)です。RPAとは、Robotic Process Automationの略で、オフィスにおける管理業務の自動化のことを言います。たとえば、PCのクリックやスクロールなどの作業をロボットに一任できます。オフィス業務の効率が上がるとともに、人件費も大幅に削減されることが見込まれます。導入に当たって難しいプログラミングは一切不要です。

RPA(間接業務自動化テクノロジー)のメリット

RPAは「Robotic Process Automation」の略語であり、主にホワイトカラー業務(管理業務)の自動化による業務効率化というメリットがあります。
とても簡単な説明をすると、PCの作業をロボットに任せることができるため、24時間フル活動で生産性を飛躍的に高めることができるといったシステムです。

今回は、RPAの代表的なメリットを紹介していきます。

もっと見る

人件費削減につながる

RPAは、キーボードやマウスを使う作業であれば、その殆どの間接業務を自動化することができます。

  •  ゴミ箱を空にする
  •  ソフトウェアのインストール
  •  休暇申請の処理
  •  請求書などの処理
  •  在庫状況などの更新

初めてRPAを知る方にとってはイメージしにくいシステムだと思いますが、RPAはロボットに任せたい作業を構築することができます。

例えば、定期的にゴミ箱を空にしたい場合、そのシステムを構築すると人が作業する必要がなくなり、RPAが変わりにゴミ箱を空にしてくれます。

RPAができる作業範囲はとても広く、うまく使いこなすことができると人件費を大幅に削減することができます。

正確性・品質の向上

RPAはロボットが作業を行うため、正確性が1つのメリットでもあります。

要するに、人が作業をする場合はミスが発生することがありますが、RPAは構築されたシステムから完全にその作業を遂行してくれるため、正確性による品質向上というメリットまであります。

労務管理の削減

RPAは労務管理の削減が可能です。

例えば、契約社員を中心に社員を構成している場合、各社員の情報を手入力での入力や更新をするのは膨大な作業時間がかかります。RPAは、社員情報を保存しているファイルの開封や、そこに必要な情報を入力するといった作業ができます。

時間短縮の恩恵は大きく、人が1つの作業に1分かかるところをRPAが30秒で終えることができるとすると、約半分の時間で済むことになります。

余った時間を休暇に回すなど、長時間労働を是正する目的でも実用性があります。

作業速度の向上

RPAは作業を自動化できるため、作業速度は大幅に向上します。

「一体、どのくらい作業速度が上がるのか?」が気になるところですが、これは2倍や3倍、あるいはそれ以上の効果を見込むことも可能です。

PCの作業は、どのような作業であれ「マウスでターゲットにポイントをあわせる」+「クリック」という作業が基本です。この2つの作業に2秒かかっていたとすると、RPAなら1秒以内で終えることができます。

特に人というのは同じ作業をずっと繰り返していくと、疲れによってスピードが落ちてしまいますが、RPAにはこれがありません。

24時間稼働(生産性の向上)

人は24時間稼働することができませんが、RPAは24時間365日ずっと稼働し続けることができます。

このメリットは、2名の社員で12時間ごとに24時間稼働することを想像すると、RPAは疲れないので作業効率が落ちず、永久的にハイスピードな生産性をキープできるわけです。

2名の労働コストが必要なく、生産性も高い水準を保つことができるので、やはり24時間フル稼働し続けることができるのは非常に大きなメリットです。

ホワイトカラー業務の負担が大きい企業にとっては、この恩恵は強く感じやすいです。

長時間労働の是正

RPAを導入すると、長時間労働を更正することができ、こちらもイメージどおりの成果が期待できます。24時間活動できることからも、人が働く時間を減らすことができるわけです。

例えば、膨大なデータ入力の作業が終わらずに残業が続いていたとすると、RPA導入によって残業をなくすことができます。

また、残業時間だけではなく、業務全体を効率化させることができるため、社員の労働時間をトータル的に減らして休暇を増やすこともできます。

プログラミングの知識は不要

RPAはプログラミングの知識が不要で、誰でも簡単にロボットを構築することができます。

RPAを導入している企業では、自社にプログラマーがいないという企業も多いです。自社でプログラマーを雇うにはコストがかかり、何かのシステムを外部発注でプログラミングしてもらうのも同じようにコストが発生します。

RPAは1つのシステムを構築できるだけではなく、ホワイトカラー業務を中心に間接業務全体を好きなように自動化設定することができ、それを簡単操作で実行できるのは非常に頼もしい存在となります。

まとめ

RPAは非常に多くの製品がリリースされており、以下のようなタイプ別があります。

  •  プログラミング型
  •  サーバ型
  •  デスクトップ型
  •  ライセンス型
  •  サブスクリプション型

各タイプによって機能や操作が変わってくるため、どのような作業を自動化したいのかを明確にしながら製品選びを進めていくのが理想です。

今回紹介したRPAの代表的なメリットは、タイプ別にかかわらず共通で得られるメリットでもあるので、「人件費削減」や「正確性・品質の向上」など、自社の成長につながる内容が見つかった方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

比較表

商品名 SynchRoid
SynchRoid
特徴 ■定型業務を自動化できるソリューション
■AIやPepperなどと連携も可能な、ソフトバンクの強みを活かしたRPA
■RPA導入・開発・トレーニングまでのプロセスをトータルサポート
料金プラン(税抜) ■ライトパック(1ライセンス)
年900,000円
■ベーシックパック(10ライセンス)
月600,000円
初期費用(税抜) 無料
無料トライアル -
サポート対応 乗り換え/導入支援
(有償提供)
電話
(有償提供)
メール
チャット -
機能 入力・登録
集計・加工
検索・抽出
データチェック
ダウンロード・アップロード
Webクローリング

商品一覧

Synchroid

Synchroid

RPAホールディングス株式会社

  • ソフトバンクで導入!31部門で豊富な事例
  • 現場主導で開発・管理できるRPAソフト
  • 豊富なオプションサービスで安心導入