広告管理

広告管理ツールのメリット

事業拡大や取引先の増加などによって業務工程が増えてしまい「どの業務を誰が把握しているのか分からない」ということはありませんか?

特にマーケティングの基本でもある“広告”では、Webや店頭掲載用のポスター、フライヤーなどの手段が多岐に渡ります。そのため、発注から請求書の受け取りまで、全ての状況を管理するのは困難です。しかし、そういった際に広告管理ツールを使えば、複雑な業務工程を簡単に一元化でき、営業効率を大幅に上げることが可能です。

ここでは広告管理ツールの機能やツール選びのポイントをご紹介します。煩雑な広告管理業務に手を焼いている方はぜひ参考にしてみてください。

もっと見る

広告管理ツールとは

「広告管理ツールとは一体何なのか」と、疑問を持っている方もいるでしょう。
ここでは、広告管理ツールの特徴やメリットをご説明します。

◇広告管理を一元化して運用効率を上げるツール

広告管理ツールとは、企画や発注、スケジュールや請求書の管理など、広告における業務の全てを一括管理できるツールのことです。

事業が大きくなればなるほど、顧客に合わせた広告を制作するため、制作物の絶対数は多くなります。
また、Webやフライヤー、ダイレクトメールなど制作物が増えるにつれて関わってくる人も増えます。
それぞれの制作物に関して発注する先が増えたり、関係してくる部署なども増えていくのです。

こうして関わる人が増えると、正確な情報の伝達が難しくなっていきます。
こういった時に広告管理ツールを利用すれば、全ての情報を手軽に共有することが可能です。
全員が進捗状況を把握できるので、責任の所在を明確にすることが可能です。
さらに、担当者が突然変わったとしても「前担当者でなければわからないこと」が大幅に減り、引継がスムーズに行えるメリットもあります。

◇広告運用にかかる工数を大幅に削減

広告管理ツールを取り入れていないと、企画する人や発注先によって請求書などの書式が違い、担当者や部門ごとにバラバラに把握していることが多く、チェック漏れなどによるミスが発生しやすい状況に陥りがちです。
しかし全てを一元化し、共有できる広告管理ツールを使用すれば、工程を可視化できるのでミスを防ぐことができます。さらに、把握していない業務の進捗確認などの無駄な工程を省くことができるので、営業効率を上げることにも繋がります。

広告管理ツールの主要機能

広告管理ツールには具体的にどのような機能があるのでしょうか?ここでは、広告管理に特に役立つ4つの主要機能をご紹介します。

◇レポート自動作成機能

媒体アカウントを事前に登録しておけば、その媒体のこれまでの広告実績を自動でレポート化できる機能。いちいちファイルをさかのぼって探す必要がないので、大幅な時間の削減になります。フォーマットをカスタマイズすることも可能で、最初にフォーマットを作成しておけば以降は指定のフォーマットでレポートを自動作成してくれるので、レポートを作成する手間はほぼゼロです。

◇レポート自動送信機能

レポートを作成したのは良いけれど、送信するのを忘れてしまった、ということもあります。しかし広告管理ツールには自動送信機能が付いているので、送信ミスがありません。月次か週次かを選べる機能もあるので、コンスタントに業績の確認が可能です。

管理画面に入らなくてもレポートが自動メールで送られてくるので、広告管理ツールを開けない状況にいるときでも業績を確認できるのがポイントです。

◇予算配分のシミュレーション

広告の手段が多くなるにつれ、どのような配分で予算を振り分けたら良いのかを、一つひとつ検証していくのは大変な労力を要します。広告管理ツールにはこれまでの予算配分や実績が登録されているので、それらのデータから適当な広告予算の配分を自動でシミュレーションすることができます。提案資料に掲載する際にも役立つので、資料作成時間の大幅な削減が可能です。

◇自動入札機能

自分で事前に目標を設定しておけば、自動で入札することもできます。AIにより、最適な価格で入札するので、価格の変動を逐一チェックする必要がありません。さらにこの機能を利用して、入札はせずに価格の変動だけを知ることも可能。つまり、市場の推移を手間を掛けずに知ることができるということです。

広告管理ツールの選定ポイント

広告管理ツールには様々なものがありますが、以下の5点をポイントに選ぶと良いでしょう。

●最低契約期間・・・月毎に更新もあれば、最低1年というものもあります。
●料金形態・・・月々が定額なものと、機能によって追加料金が必要なものがあります。
●対応媒体・・・自社のPCに対応しているかを必ず確認してください。
●レポートのカスタマイズが可能か・・・既存のフォーマットにはない欄が発生することがあります。対応可能にしておくのが良いでしょう。
●モバイル対応しているか・・・出先でも確認できると、作業効率の上昇に繋がります。

ただし、企業によって選定基準は異なるので、自社に合ったものを選ぶことが大切です。様々な選択肢を考慮して、選んでください。

まとめ

広告に関する業務を一括で管理できる広告管理ツールは、業務工数の削減だけでなく、ミスの減少にも有効です。

全員で情報を共有すれば、作業効率が上がり、より多くの案件をこなせるようになるでしょう。そんな広告管理ツールは、費用対効果ができるだけ高いものを選ぶことが大切です。自社に合ったツールを選ぶために、広告管理ツールに何を望むのかを考えてから選びましょう。

比較表

商品名 AdFlow
AdFlow
特徴 ■メールやファイルなどのやりとりや情報の一元化
■制作物の発注から納品までのフローを可視化
■納品した制作物や使用した素材の資産化
料金プラン(税抜) ■ライト ¥19,800/月
初期費用:¥100,000
容量:100GB
アカウント数:5名
■スタンダード ¥49,800/月
初期費用:¥150,000
容量:100GB
アカウント数:10名
■プレミアム ¥99,800/月
初期費用:¥200,000
容量:500GB
アカウント数:15名
初期費用(税抜) ¥100,000~¥200,000
無料トライアル -
サポート対応 乗り換え/
導入支援
電話
メール
チャット -
スマホ対応
音声入力対応 -

商品一覧

AdFlow(アドフロー)

AdFlow(アドフロー)

株式会社クリエイターズマッチ

  • クリエイティブ制作特化型の制作管理進行ツールです
  • 制作進行の工数を最大65%削減可能です
  • 導入実績1,300社以上。広告代理店、化粧品、アパレルなどあらゆる業種で導入