MAツール(マーケティングオートメーション)

MAツール(マーケティングオートメーション)とは顧客や見込み客の情報を自動的に管理し、販路拡大につなげるプラットフォームのことを言います。顧客や見込み客の情報を基に、それぞれに対してピッタリのタイミングで、ニーズに合わせた情報を、最高の方法で届けるという営業戦略を一元化したシステムです。システムが一元化されているため、優良見込み客を絞り出すことが容易になり、営業展開がスムーズに運びます。

MAツールのメリット

MAとは「Marketing Automation=マーケティングオートメーション」の略語であり、顧客開拓の仕組み化を行うことです。これをシステム的に行うことができるのがMAツールです。
ネット社会が進むに連れて「営業をしたいけれど会ってくれない・・・」など、非対面においていかに新規顧客を獲得していけるのかを課題としている企業は多いと思います。

そんなときにMAツールは「非対面の客層」を「対面の客層」へ繋げていくことを支援してくれます。

もっと見る

売り上げアップ

MAツールを導入する目的は、基本的に売り上げアップにあります。

一概に「非対面」or「対面」だけでMA理論を述べることはできませんが、この観点で説明すると「非対面の客層」を「対面の客層」へ開拓することができると、後は営業活動の成果によって売り上げアップを見込めるようになります。

  •  個人情報の管理
  •  コンタクト履歴
  •  メール管理
  •  SEOコンテンツマーケティング
  •  SFAシステムの連携

MAツールは非常に機能が多いですが、「顧客データの管理」や「コンタクト履歴」などから将来的に成約を取れるだろう客層を絞っていくことができるのが主なメリットです。

また、「対面の客層」への開拓に成功すると、MAツールによっては「SFA(営業支援システム)」と連携しているタイプもあるため、その後はスムーズに営業部門へ作業を受け渡すこともできます。

営業・マーケティングの連携強化

企業によってマーケティングの考え方や方針はさまざまであり、MAツールは必ずしも非対面の客層だけに実用性のあるツールというわけではありません。

しかし、営業活動で真価を発揮するSFA(営業支援システム)をあわせて考えると、非対面の客層を開拓するときはMAツールを使い、この開拓に成功するとSFAシステムで営業活動をサポートしていくという役割分担ができます。

MAツールとSFAシステムは顧客情報の管理など、似たような機能が備わっていますが、MAツールは分析の側面が強く、SFAは日報作成など実際の業務で役立つような機能に特長があります。

キャンペーンの効果をアップ

MAツールは「Webの閲覧履歴」や「資料金のダウンロード履歴」など、何かしらのアクションを履歴からデータ管理できます。

例えば、定期的なサービス紹介のメールを自動配信している場合、ユーザのデータから次の行動を予測することも可能なので、これによって次回のメールではキャンペーンを発信して成約を促進していく使い方もできます。

パーソナライゼーションが気軽にできる

パーソナライゼーションは「個々の顧客に対して最適な変化を加える」といったビジネス用語です。

例えば、キャンペーンの項目で紹介したような戦略がまさにパーソナライゼーションであり、メールで紹介したサービスが気になっているユーザに対してキャンペーンを発信すると、ユーザは「今ならおトクだ!」という心理が働くことで成約を取れる可能性が高くなります。

このようなパーソナライゼーションは、MAツールの得意とする分野であり、顧客情報を統一管理できる機能だけでも、多種多様なパーソナライゼーションを考えることができます。

ミスを発生させるリスクを減らせる

MAツールは「レポートの自動作成」や「メールの自動配信」など、既存のマーケティング活動の殆ど自動化することができます。

これによって手作業によるミスが大幅に減るため、「ミスがなければ成約を取れていたかもしれない・・・」というリスクを減らせるメリットもあります。

また、ターゲット層に対するアプローチに関しても、明確な根拠がない状態で攻めに出るといった判断ミスも減らすことができるので、統一管理しているデータをもとにシミュレーションしながらマーケティングできるところが魅力です。

業務の負担軽減

MAツールはマーケティング作業を自動化できることで、とき間の短縮や負担軽減といったメリットもあります。また、これによってコスト削減メリットまであるので、今のマーケティング業務に膨大なとき間を割いているといった状況なら、非常に大きな助けとなります。

マーケティング業務の負担を軽減できることで、「分析」や「戦略」という作業に比重を傾けることも容易となってきます。

本来、マーケティング業務は「行動するための内容を立案する」といった感じですが、各作業にばかりとき間を取られてしまうと、本質のクオリティが高まらないことも多いです。

まとめ

MAツールは未来に成約の取れる客層開拓を支援してくれるツールであり、ネット社会の進化に伴い注目度が高くなっています。

顧客データの管理や行動履歴からの予測といったメイン機能以外にも、「ランディングページ作成」や「SEO強化」といったWebマーケティングにも実用性があります。

多彩な機能で使い方は自由自在なため、マーケティングの再構築を検討してならNAツールをチェックしてみてはいかがでしょうか。

比較表

商品名 List Finder
List Finder
特徴 ■始めやすい・継続しやすい価格帯
■導入後のサポートやセキュリティも充実
■顧客開拓を定着させるためのノウハウやメソッドの提供
料金プラン(税抜) ■ライトプラン
月39,800円
■スタンダードプラン
月59,800円
初期費用(税抜) 100,000円
無料トライアル
サポート対応 乗り換え/導入支援 -
電話
メール
チャット -
販売促進 フォーム作成
ウェブページ作成 -
(セミナー集客ページは作成可)
メール配信
顧客分析/管理 営業アラート
アクセス解析
スコアリング
集客機能 アプローチ管理
リコメンド -
ウェブ接客/ポップアップ -
プッシュ通知 -
リターゲティング広告 -

商品一覧

List Finder

List Finder

株式会社 Innovation & Co.

  • 「使いやすい」にこだわったMAツール!
  • B to BシェアNo.1!(※)
  • 導入実績1,500アカウント突破!

無料トライアル20日間