請求書発行システム

請求書発行システムを利用すれば、請求書の発行から送付までを簡単に行うことができます。請求書発行システムの最大のメリットは、短時間で請求書を作成でき、業務の効率化に繋がることです。クライアントごとに専用の請求書を作成することができ、オリジナルの請求書を作ることもできます。他にも封入ミスや未達、紛失の防止はもちろんのこと、修正や再発行にも迅速に対応することができます。さらに、マルチデバイスにも対応している製品もあります。

請求書発行システムのメリット

請求書発行システムは、「書類の作成」や「書類のメール送信」など、請求関連の機能が備わっているシステムです。
請求書だけではなく「見積り書」や「納品書」など、目的に応じた書類を作成してクライアントに届けることができるため、業務効率を大きく改善することができます。請求書発行システムの代表的なメリットを、機能とあわせて紹介していきます。

もっと見る

1.PDF印刷やメール送信が簡単

請求書は「電子帳簿保存法」によって、デジタル化の保存が認められています。

仮に「紙」で請求書を管理したい場合でも、デジタル保存している請求書を印刷すればよいため、管理の手間を考えてもデジタル保存は本当に便利です。

請求書発行システムは、作成書類のPDF化やメール送信が可能なので、「請求書の発行から送付」まで簡単に完了することができます。

「PDF作成」や「メール送信」の機能は、請求書や見積り書など各種書類ごとに機能を使えるため、目的にあわせて柔軟に使いこなせるところが便利です。

2.オリジナルの請求書がすぐにできる

今の時代、請求書は何かしらのソフトやシステムから「テンプレート」を探して、それをもとにオリジナルの請求書にこだわっていくやり方が多くなってきています。
請求書作成システムを使うと、テンプレートが豊富であり、さらに「サイズ変更」や「デザイン編集」など、自由自在にオリジナルの書類を作成できるメリットがあります。
簡単な請求書の作成ならインターネットからテンプレートをダウンロードするだけでも作成することができますが、豊富な機能によってオリジナル性にこだわることができる点が大きく異なります。

3.印刷・郵送コストの削減

基本的にPDF化した書類をメールで送信といったスタイルでは、印刷や郵送コストを大きく削減することができます。

また、請求書作成システムは製品によって「郵送代行サービス」が備わっているタイプもあるため、顧客に応じて郵送などが必要になる可能性がある場合、郵送代行サービスの有無にも注目してみてください。

4.業務効率化による作業時間短縮

請求書作成システムは簡単に素早く請求書を作れるのが特長でもあり、作業時間を短縮して業務効率化を図ることもできます。

今は社内のさまざまな業務をIT化できる時代ですが、IT化による業務効率化は人件費のコスト削減メリットがセットになることが多くあります。

請求書作成システムは、会計ソフトなどほかのシステムやソフトのデータをインポートできる製品もあるので、関連業務を総合的に効率化していくことも可能です。

5.取引先の専用請求書を作成できる

請求書作成システムは、取引先ごとに専用の請求書を作成することができます。

請求書関連の書類を作成する専用システムがない場合、1つのデザインを全ての取引先で使いまわすといったケースが多いと思います。

発行側でも商品やサービスごと、あるいは部署ごとなどで専用請求書を作りたいといった場合でも、請求書作成システムを導入すると簡単にそれを実現することができます。

6.修正や再発行にすぐに対応できる

請求書作成システムは簡単に書類を発行できるので、修正や再発行が必要な場合でも迅速な対応が可能となります。

管理機能として「取引先管理」や「品目管理」など、情報を管理する機能も搭載されています。再発行の要望を受けた取引先のデータを参照しながら、状況を把握して書類を再発行できます。

請求書は支払い方法の変更依頼で、修正が必要なこともあるでしょう。法的にも「保管義務」によって取引先が紛失した場合に、再発行の対応を余儀なくされることもあります。

こうしたトラブルは起こることを想定しておくことも大事であり、請求書作成システムがあると対処しやすくなるので便利です。

7.封入ミス、未達、紛失の防止

請求書の業務では、「封入ミス」・「未達」・「紛失」といった郵送関連のトラブルも起こりやすいです。

これは「郵送代行サービス」のある請求書作成システムなら、その業務を代行してもらうことができるので、封入ミスや未達といったトラブルを回避できます。

また、請求書作成システムは一度作成した書類を数分で再発行することも可能なので、郵送までのプロセスが早いことから、トラブルに素早く対処しやすいこともメリットです。

8.マルチデバイスに対応

請求書作成システムの中には、スマートフォンに対応している製品もあります。

また、スマホアプリで請求書や見積り書を作成できる製品もあるので、業務効率をさらに高めたい場合はマルチデバイスにも注目してみてください。

まとめ

請求書作成システムは、IT化が進む現代においては欠かせないシステムになりつつあります。

特に、商品やサービスを販売する企業にとっては各種書類を発行する業務が必須となります。請求書作成システムを導入することで得られる、「業務効率化」のメリットを強く感じるのではないでしょうか。

製品やプランによって多彩な機能を選べるため、機能を見ながらじっくりと検討してみてください。

比較表

商品名 マネーフォワードクラウド請求書 board 請求管理ロボ
マネーフォワードクラウド請求書 board 請求管理ロボ
特徴 ■請求書を日次で自動作成可能
■請求書の一括郵送、一括送信が可能
■見積・請求・納品・領収書の変換が可能
■案件単位に見積書や請求書などの書類を管理
■通知機能で業務漏れ防止や変化を把握
■経営判断に最も大事な見込みの把握が容易に
■継続請求・課金の全自動化を実現可能
■銀行振込・口座振替・クレジット決済など多様な決済を一元管理
■Salesforce、KintoneやPCAなど他社システムとの外部連携が柔軟に対応可能
料金プラン(税抜) ■ベーシックプラン
年32,780円
■プロプラン
年65,780円
■Personalプラン
月980円(税込)
■Basicプラン
月1,980円(税込)
■Standardプラン
月3,980円(税込)
■Premiumプラン
月5,980円(税込)
■100件プラン(請求件数100件まで)
月50,000円~
■300件プラン(請求件数300件まで)
月100,000円~
■500件プラン(請求件数500件まで)
月150,000円~
※オプションの内容・料金のご案内は、お気軽にお問合せください
初期費用(税抜) 無料 無料 参考価格 100,000円~
無料トライアル
(最大60日間)

(30日間)
-
サポート対応 導入支援
(有料で、訪問による実施可)
個別相談会という形で対応
電話 -
メール
チャット -
mac
見積 -
請求
決済 - -
(銀行振込、口座振替、クレジットカード決済、コンビニ決済)
郵送
(メールでの電子請求書、郵送での紙の請求書どちらも対応)
納品 -
顧客登録
(SFA/CRMの顧客データを活用可能)
売上管理
入金管理
自動消込 - -
CSVインポート
(プロプランのみ対応)
会計ソフトとの連携

商品一覧

マネーフォワードクラウド請求書

マネーフォワードクラウド請求書

株式会社マネーフォワード

  • 請求書を日次で自動作成可能
  • 請求書の一括郵送、一括送信が可能
  • 見積・請求・納品・領収書の変換が可能

無料トライアル最大60日間

board

board

ヴェルク株式会社

  • 案件単位で見積書や請求書などの書類を管理
  • 通知機能で業務漏れ防止や変化を把握
  • 経営判断に最も大事な見込みの把握が容易に

無料トライアル30日間

請求管理ロボ

請求管理ロボ

株式会社ROBOT PAYMENT

  • 継続請求/課金の全自動化を実現
  • 多様な決済手段を一元管理
  • 他システムとの連携