会計ソフト(会計システム)

会計ソフト(システム)は、決算書や確定申告書類の自動作成や金融機関の自動連携、勘定科目の自動仕訳といった機能が特徴的。経理・決算業務を大幅に削減してくれます。無駄な時間や経費を削減でき、正確でミスのない作業が実現します。また、ビズテラスでご提供している会計ソフトは、すべてがクラウド方式。デバイスを問わず会計業務が可能ですし、物理デバイスを破損・紛失しても大切なデータは守られます。

会計ソフトのメリット

  • 1.決算書や確定申告書類を自動作成
  • 2.銀行口座やクレジットカードとデータ連携可能
  • 3.資金繰りの管理も容易
  • 4.自社の経営状況をリアルタイムで把握
  • 5.業務効率アップで無駄な時間や経費を削減
  • 6.正確でミスのない作業が実現
  • 7.法改正への対応も簡単に行える

もっと見る

会計ソフトは、「確定申告書の作成」や「資金繰りの管理」など、会計に関連するさまざまな機能が備わったソフトです。法人向けのITシステムの中でも会計ソフトは認知度が高く、すでに導入済みの企業も非常に多いです。
会計ソフトの選択肢は多く、個人こと業主から中小零細企業、大企業までこと業規模を問わず導入ができます。
今回は、あらためて「会計ソフトのメリットは何か?」を紹介していきます。

1.決算書や確定申告書類を自動作成

会計ソフトを導入する代表的な利点は、決算書や確定申告書類など、会計関連の書類を自動作成できることです。

  •  法人決算書
  •  消費税申告書
  •  法人決算添付書類

  •  法人税申告書添付書類
  •  固定資産税の管理

ソフトによって多少は機能性に違いがありますが、「法人決算書」や「消費税申告書」など、目的別から書類を自動作成することができます。
基本的に会計ソフトはデータを蓄積していき、集積されたデータから書類を作成できるため、書類作成の作業がとても楽になるというのが大きなメリットです。

2.銀行口座やクレジットカードとデータ連携可能

会計ソフトは銀行口座やクレジットカードと連携させることができます。経費管理として法人クレジットカードはとても便利なアイテムですが、クレジットカードを使う場合も自動的に利用履歴を取り込むことができるので、1つ1つの履歴を手入力しなくてもよいという便利さがあります。銀行口座も同様で、設定した金融機関と連携させる設定をしておけば、ログイン履歴から自動的に利用履歴を取り込むことができます。

3.資金繰りの管理も容易

会計ソフトの資金繰り関連では、以下のような機能があります。

  •  回収や支払いの予定表作成
  •  未来資金のシミュレーション

  •  支払い手形や受取手形の管理
  •  借入金管理
  •  預貯金管理

現状の把握をするだけではなく、未来資金をシミュレーションできる会計ソフトもあります。
単に計算や書類作成をするためのソフトではないというところが、会計ソフトの隠れた魅力です。

4.自社の経営状況をリアルタイムで把握

会計ソフトは経営分析に関する機能もあります。

  •  損益分岐点分析
  •  5期比較
  •  予算実績対比表

  •  キャッシュフロー計算
  •  比率分析

製品によって分析機能はさまざまですが、豊富な機能が搭載されていると「損益分岐点分析」や「キャッシュフロー計算」などから経営状況を把握していくことができます。
また、銀行口座のデータを自動取り込みできるといった機能性から、リアルタイムに経営状況を把握することも可能です。

5.業務効率アップで無駄な時間や経費を削減

会計に関する業務効率が改善されるため、無駄な時間や経費を削減できるメリットもあります。

会計ソフトを導入する理由の一つに「データ入力や計算の面倒さ」を改善する意図があると思いますが、その目的はしっかりと叶えることができます。
特に会計ソフトのメイン機能である「書類の作成」については、年間のデータから自動作成できるので、従来に比べて圧倒的に作業効率は良くなります。

6.正確でミスのない作業が実現

明細や売り上げ表などもとになるデータを見ながら1つ1つのデータを手入力していくと、やはりミスは起こるものです。

会計ソフトは自動でデータを読み込むことができ、計算についても自動計算が可能です。正確でミスのない作業を実現できるので、「最初から作業をやり直す・・・」といった状況も回避できます。

7.法改正への対応も簡単に行える

会計ソフトは、法改正の度に新しいソフトを購入する必要はありません。

基本的にソフトのアップデートで対応されることが多く、アフターサポートに注目しておけば法改正対策が可能な会計ソフトを見つけられます。

会計に関する法律は色々とありますが、代表的な例として「税制改革」を紹介しておきます。
2018年時点の消費税は8%ですが、国の政策によって10%まで引き上げられる可能性が示唆されています。これを想定して、すでに10%に対応している会計ソフトも登場しており、業界的に法改正への対策というのは非常にスピーディです。

まとめ

最後に会計ソフトに搭載されている主な機能をカテゴリ別で一覧紹介しておきます。

  •  導入設定:部門設定など
  •  入力機能:自動仕分けなど
  •  資金繰り:支払い管理など
  •  集計:試算表などフロー計算
  •  経営分析:キャッシュフロー管理など
  •  法人決算:法人決算書など
  •  個人決算:個人決算書など
  •  マルチデバイス:分散入力など

会計ソフトは機能が豊富なので、会計計算や書類の作成といったメインコンテンツ以ほかにもさまざまな使い方ができます。
どのようなソフトなのかをすでにご存じの方が多いと思いますが、サブコンテンツの機能性に注目しながらソフトを選ぶことで、導入後の利便性やメリットを高めることができます。

また、導入コストについてはソフト本体の価格だけではなく、プランによって機能性が変わるタイプもあるので、料金体系を細かくチェックしてみてください。

比較表

商品名 クラウド会計ソフトfreee マネーフォワードクラウド会計 マネーフォワードクラウド確定申告
クラウド会計ソフトfreee マネーフォワードクラウド会計 マネーフォワードクラウド確定申告
特徴 ■見積書・納品書・請求書作成機能が無料かつ無制限で利用可能
■会計業務が初めての方にもオススメ
■会計業務において、銀行・クレジットカード・電子マネー・POSとの自動同期が充実
■会計ソフトの入力経験や簿記の知識がある方にオススメ
■確定申告において、銀行・クレジットカード・電子マネー・POSとの自動同期が充実
■会計ソフトの入力経験や簿記の知識がある方にオススメ
料金プラン(税抜) ■ミニマムプラン(3IDまで)
月1,980円、年23,760円
■ベーシックプラン(20IDまで)
月3,980円、年47,760円
※4人目以降、年3,000円/ユーザ
■プロフェッショナルプラン
月39,800円、 年477,600円
■エンタープライズプラン
お問い合わせください
※上記はすべて年額プラン選択の場合の料金
■ライトプラン
年21,780円
■ベーシックプラン
年32,780円
■ベーシックプラン
年8,800円
■安心電話サポート付きベーシックプラン
年17,200円
初期費用(税抜) 無料 無料 無料
無料トライアル
(30日間)

(30日間)

(30日間)
サポート対応 乗り換え/導入支援
(有償提供、訪問による実施可)

(有償提供、訪問による実施可)
電話
(ベーシックプラン以上で利用可)

(安心電話サポート付きベーシックプランにて対応可)
メール
チャット
取引明細データ自動取得
(ベーシックプランにて電子証明書連携ソフトが利用可能)

(ベーシックプランにて電子証明書連携ソフトが利用可能)
決算書作成
見積書・納品書・請求書作成
(電子帳簿保存に対応)
-
(「マネーフォワードクラウド請求書」にて対応)
-
(「マネーフォワードクラウド請求書」にて対応)
部門別会計
(最大2階層)

(ベーシックプランにて最大2階層)

(ベーシックプランにて最大2階層)
スマホ対応 iOS/Android
(仕訳入力~申告まで対応)
iOS/Android
(データ確認のみ)
iOS/Android
(データ確認のみ)

商品一覧

クラウド会計ソフトfreee

クラウド会計ソフトfreee

freee株式会社

  • 豊富な自動化機能で日々の経理を楽に!
  • 確定申告、決算書の作成にかかる時間を削減
  • PC・スマホ、さまざまな利用シーンに対応

無料トライアル30日間

マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワードクラウド会計

株式会社マネーフォワード

  • 面倒な作業は全て自動化!
  • 完全無料で自動アップデート
  • いつでもどこでも利用できる

無料トライアル30日間

マネーフォワードクラウド確定申告

マネーフォワードクラウド確定申告

株式会社マネーフォワード

  • 面倒な作業は全て自動化!
  • 申告に必要な書類も自動作成!
  • いつでもどこでも利用できる

無料トライアル30日間