福利厚生サービス

福利厚生をアウトソースすれば、人事負荷軽減や従業員の満足度向上が期待できます。福利厚生サービスは、自社に手軽に福利厚生制度を構築できる点が大きなメリット。幅広いジャンルにおける福利厚生メニューをご利用いただけます。従業員の労働意欲確保やスキルアップサポートから、医療費の削減、企業イメージ向上など、従業員・企業の双方にとって利点がある福利厚生サービス。上場企業はもちろん、中小企業でももちろん導入可能です。

福利厚生サービスのメリット

福利厚生サービスは、このサービスを利用するだけで自社に福利厚生を構築できるという便利なサービスです。
福利厚生は「企業」と「社員」の双方にとって欠かせない重要なポイントであり、簡潔に言うと「安心して働ける企業」を目指すには欠かせません。
住宅手当や休暇制度、自己啓発支援などが代表的な福利厚生の制度です。その他にも、お昼寝制度や、公募留学制度、親孝行支援制度などユニークな福利厚生制度も増えています。
今回は、福利厚生サービスの代表的なメリットを紹介していきます。

もっと見る

1.従業員の健康向上

福利厚生を充実させると、従業員の健康が促進されるメリットがあります。

健康に関する福利厚生の項目は色々とありますが、「サークル活動で運動不足解消」や「病気に対する援助」が代表的です。

  •  継続的な労働力の確保
  •  労働へのモチベーションの高まり

  •  医療費削減
  •  安心という企業イメージの向上

これを実践すると、「継続的な労働」や「企業イメージの向上」など、関連するさまざまなメリットまで得ることができ、従業員だけではなく企業にとっても福利厚生を充実させるメリットが大きいことを再認識しておきたいところです。

2.従業員のスキルアップ

福利厚生サービスでは、「資格取得支援」といった環境を作り上げることもできます。
転職ではさまざまな求人広告を比較することが多いですが、企業によっては「○○の資格取得を支援」という福利厚生が盛り込まれていることがあります。
この従業員のスキルアップというのは、資格取得以ほかにも働くだけでスキルアップにつながるという「職場環境=社内SNSを使ったコミュニケーション」や「人材管理=適材適所な配置」など、さまざまな観点から考えていくことができます。
非常に選択肢が多い状況からも、「何のスキルをどのようなプロセスで?」や「目的や効果は?」など、具体的なビジョンをあらかじめ考えておきたいところです。

3.従業員のライフプラン設計や財産サポート

福利厚生サービスは、従業員のライフプラン設計や財産サポートにも対応できます。

事基本的にいわゆる「福利厚生」に該当する内容であれば、自由にさまざまな福利厚生を自社に導入することができるので、ライフプラン設計や財産サポートを重視しながら社員の労働環境を改善していくことも可能です。

例えば、ライフプランに関しては、地方から上京して入社する従業員に対して、引越し補助金や住宅支援金といった福利厚生を提供すると、目先のライフプランをサポートすることができます。

財産サポートでは「住宅手当」がスタンダードであり、社員の財産をサポートできるような福利厚生を敷いておけば、末永く安心して働けることにつながってきます。

4.1名の中小企業から上場企業まで幅広く導入できる

福利厚生サービスは1000名を超えるような大企業だけが利用できるサービスではなく、1名しかいない中小企業でも導入可能です。

会社を設立したばかりでこれから従業員を増やしていくという状況でも、当初から魅力的な福利厚生を用意しておけば、優秀な社員をすぐに確保しやすいというメリットもあります。

一般的に手厚い福利厚生といえば「大企業」というイメージを持っている方が多いかもしれませんが、会社の規模を問わずに福利厚生の内容は本当にさまざまです。

中小企業でも「サークル活動」や「各種補助や手当」など、安心かつ充実なビジネスライフを送れるのはもちろん、アットホームで働きやすいという社員の嬉しい声を得ている会社も多くあります。

5.属人的要素を削減できる

給与計算というのは、「計算のスペシャリスト」が求められるケースが多いことでしょう。「給与額が間違っている」というミスを未然に防ぐ必要があるため、少なからず計算に強い人材が求められてきます。

給与計算ソフトを導入した場合、ソフトの操作を覚えてしまえば、慣れていないような人が給与計算をしても同じようなクオリティで作業ができるようになります。このように、属人的なミスを削減できるのもメリットの一つです。

6.出張支援などさまざまな特典がある

福利厚生サービスは、出張支援などさまざまな特典を得ることもできます。

  •  クーポンや割引優待など
  •  書籍の無料金閲覧

  •  多数の講座を無料金受講
  •  社員旅行
  •  出張手当

このような特典は、相像以上に種類が多く、企業にあわせた形で社員のためになるサービスを選んで福利厚生を構築できます。

例えば、ライフプランサポートを重視する場合、無料金受講が可能な講座や多くの書籍を無料金閲覧できるといったサービスを選択すれば、社員は日々の生活でも勉強をして成長を目指すことができるようになります。

また、サークルを立ち上げたい場合でも、大手スポーツメーカと連携するなど、プラスαとなる要素を付加することもできます。

まとめ

福利厚生を考えていく際に悩むことが多いのは「どんな内容を充実させるべきか?」ですが、福利厚生サービスはその点についても相談しながら内容を詰めていくことができるので便利です。

業種や社風などによって最適な福利厚生が変わってくるわけですが、実績が豊富な福利厚生サービス業者になると、事例をもとに的確なアドバイスを受けることができます。

さらに福利厚生に関する業務を代行してもらうので、この業務を効率化してコスト削減できることも大きなメリットです。

中小企業から大企業まで規模を問わずに利用可能なので、これからの会社の成長を見据えて福利厚生の充実を検討してみてはいかがでしょうか。

比較表

商品名 ベネフィット・ステーション
ベネフィット・ステーション
特徴 ■人生のあらゆるシーンで利用できる会員制割引サービス
■ご利用可能な施設・サービス 140万件以上
■ベネフィット・ステーションが従業員の毎日をサポート
料金プラン(税抜) ■スタンダードコース
月380円/ユーザ
■ゴールドコース
月850円/ユーザ
初期費用(税抜) 入会金;
■〜10名
20,000円
■11〜100名
100,000円
■101〜1000名
300,000円
■1001名〜
1,000,000円
無料トライアル -
サポート対応 乗り換え/導入支援
電話
メール
チャット -
カフェテリアプラン
財形・持株・慶弔サービス

商品一覧

BenefitStation

BenefitStation

株式会社ベネフィット・ワン

  • 140万件を超える福利厚生メニュー
  • 年間500%を超える利用率
  • 1人あたり月380円(税抜)~のコース料金