給与計算ソフト

給与計算ソフトを導入することで、給与管理を効率化できます。有給休暇の消費などの個別の社員データを踏まえたうえでの計算や、税金や保険金の即時反映など、給与算出に必要な機能が充実しているのが特徴です。給与計算をソフトに一任できるので、見込み給与と差が出てしまうという事態を防げます。情報の入力だけで計算式が組めるため、ほとんどのプロセスが簡略化できます。計算に人手を割かずに済むことから、コストの削減も見込めます。

給与計算ソフトのメリット

給与計算ソフトは、社会保険料金や税金などを自動的に反映しながら、簡単に社員の給与を計算できる給与計算に特化したソフトです。
自動計算はもちろん、休暇日数のように個別に違いのある社員データを自動的に更新することもでき、「給与」に関連する機能が網羅されています。
従業員規模など、さまざまな企業やユーザにあわせた給与計算ソフトがあります。
ここでは、多くの給与計算ソフトに共通していえる、主なメリットについて紹介していきます。

もっと見る

1.経理業務の効率化によるコスト削減

給与計算ソフトは、手計算と比較すると「経理業務の効率化によるコスト削減」というメリットが見えてきます。

給与計算ソフトに備わっている機能は非常に多く、計算機能だけにとどまりません。「社員別情報の一覧表示」や「社員情報変更の迅速な反映」など、関連した機能が多いところが魅力です。また、勤怠管理システムとの連携により、大幅に作業時間を短縮することが可能になります。
経理業務を効率化できるのはイメージどおりですが、「引越しによる住所変更」のような作業まで簡単にできるようになるため、経理業務は効率化できます。

2.作業効率化の先にあるコスト削減

経理業務の効率化の延長には、人件費のコスト削減というメリットがあります。
これまで手作業で行っていた作業時間に比べて作業時間を短縮することができるため、経理業務のために人員を増やす必要がありません。
給与計算ソフトの導入コストはピンキリです。しかしながら、かなり高額な導入コストがかかったとしても、長期的に試算するとコスト削減につながるケースが多いです。
給与計算ソフトを導入することで、その後は半永久的に経理業務の効率化が継続されるからです。

3.給与計算のミスがなくなる

給与計算ソフトは自動計算できるため、計算ミスがなくなります。

事前に計算式を組むことができるため 複雑な計算も必要ありません。
例えば、所得税や住民税などの各種税金を反映させたい場合、その計算式を組んで置くと自動計算できるようになります。その後は、最低限必要な入力だけで給与計算ができるようになるため、非常に便利です。

また、給与計算では「社員名」や「労働時間」などの社員情報が必要になります。これらの情報は勤怠管理システムと連動できるため、1人1人の情報を入力して登録する必要がありません。

4.勤怠管理システムとセットで導入するのがおススメ

勤怠管理システムは、タイムカードをIT化できるシステムです。

前述したように、ほとんどの勤怠管理システムはさまざまな給与計算ソフトと連携可能となっています。「勤怠管理システム」+「給与計算ソフト」をセットで導入している企業も少なくありません。

しかし、勤怠管理システムには、給与計算ソフトのように専門的な計算機能が備わっていません。そのため、それぞれの役割は自然と差別化されます。

この2つをセットで利用すると、「勤怠管理システムで社員データを管理」→「給与計算ソフトにインポート」→「給与計算」という流れができるため、人事・労務に関する業務全体の効率が飛躍的に高まります。

「勤怠管理システムのメリット」で詳しく解説しているので、気になる方はあわせて読んでみてください。

5.属人的要素を削減できる

給与計算というのは、「計算のスペシャリスト」が求められるケースが多いことでしょう。「給与額が間違っている」というミスを未然に防ぐ必要があるため、少なからず計算に強い人材が求められてきます。

給与計算ソフトを導入した場合、ソフトの操作を覚えてしまえば、慣れていないような人が給与計算をしても同じようなクオリティで作業ができるようになります。このように、属人的なミスを削減できるのもメリットの一つです。

6.法令改正にも迅速に対応できる

所得税などに関する法令改正にも迅速に対応できるといったメリットも、給与計算ソフトにはあります。

こうした法令は内容が何回であり、業務的に「消費税アップ」といったような、法令改正がしばしば起こります。しかし、基本的に給与計算ソフトを導入すると、タイムリーに法令改正の情報が通知されます。また、最新のソフトなら改正後の法令にあわせた機能が搭載されているものが多いでしょう。

まとめ

給与計算ソフトを、すでに多くの企業が導入していることでしょう。

会社が設立したての場合にも、早い段階で導入しておきたいソフトです。すでに導入済みの企業にとっては「給与計算ソフトの進化」に注目しながら、新機能が搭載されている給与計算ソフトへ乗り換えるのもよいでしょう。

昔から給与計算ソフトは企業にとって馴染みのあるソフトですが、現在では本当に豊富な機能性を持つ給与計算ソフトが増えています。

今回紹介した給与計算ソフトのメリットをきっかけに、今はどのように給与計算ソフトが進化しているのかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

比較表

商品名 人事労務freee MFクラウド給与 ジョブカン給与計算
人事労務freee MFクラウド給与 ジョブカン給与計算
特徴 ■勤怠データや従業員情報から給与を自動計算
■残業代や各種税金・保険料を含めた給与計算
■2018年の配偶者控除の変更にも対応
■MFクラウドシリーズと連動可能
■法令に準拠した自動計算設定のため計算を間違い無し
■ユーザビリティ高く、操作が容易
■給与事務の各イベントに満遍なく対応
■雇用形態別で複数の給与規定が設定可能
■シンプルな画面デザインで操作が容易
料金プラン(税抜) ■ライトプラン
月1,980円、年23,760円
※4人目以降、月300円/ユーザ
■ビジネスプラン
月3,980円、年47,760円
※4人目以降、月1,000円/ユーザ
※年額プラン選択の場合の料金
■5ユーザまで
月2,500円
■6〜50ユーザ
月2,500円
+6人目以降の従業員×月300円
■50ユーザ〜
お問い合わせください
■有料プラン
月400円/ユーザ
※機能制限付きの無料機能あり(5名まで)
初期費用(税抜) なし 無料 無料
無料トライアル
(30日間)
-
(60日間)
サポート対応 導入支援 - -
電話
(ビジネスプランに搭載)
※ライトプラン向けの電話サポートオプションあり
メール -
チャット
給与計算
賞与計算
所得税計算
社会保険対応
雇用保険対応
有給計算 -
年末調整 近日対応予定
マイナンバー対応 近日対応予定
Office連携 - - -

商品一覧

MFクラウド給与

MFクラウド給与

株式会社マネーフォワード

  • MFクラウドシリーズと連動可能
  • 法令に準拠した自動計算設定
  • 3ステップで給与計算が完了

無料トライアル30日間

ジョブカン給与計算

ジョブカン給与計算

株式会社Donuts

  • ジョブカンシリーズとのラクラクデータ連携
  • さまざまな給与規定に柔軟に対応可能
  • シンプルで使いやすいデザイン

無料トライアル30日間

人事労務freee

人事労務freee

freee株式会社

  • 給与計算から年末調整、入退社手続きが可能
  • 数人規模から数百人規模まで対応
  • データ管理を一元化

無料トライアル30日間