労務管理システム

労務管理をシステム化することで、勤務時間の正確な把握が容易になるほか、諸費用の削減といった多くのメリットが見込めます。労務管理システムの多くは、スマートフォンからの利用が可能です。職務関係の用事を出社前に済ませたい場合、スマートフォンで打刻を済ませることができます。時間記録が正確にできるため、給与計算がより簡単になり、超過勤務の早期発見も可能です。システム化によって管理に必要なコストも大幅に減ります。

労務管理システムはこんなに便利!

  • 1.コスト削減につながる
  • 2.労務管理システムによるコスト削減は人件費の効率化でもある
  • 3.労務の業務効率が上がる
  • 4.膨大な時間がかかる集計作業を削減できる
  • 5.給与計算も効率化できる
  • 6.不正打刻の防止ができる
  • 7.労働法への対応がスムーズ
  • 8.勤務超過を防止できる

もっと見る

労務管理システムは、タイムカードの「膨大な集計作業」や「不正打刻」といったさまざまなデメリットを改善することができる機能が備わっています。
従業員にとっても「スマートフォンで勤怠打刻ができる」という便利さもあり、会社の労務管理を効率化してコスト削減にまで繋げることができます。

1.コスト削減につながる

労務管理システムによるコスト削減は、主に以下の2つがあります。

  •  労務管理の作業工数が大幅に減る
  •  ペーパーレス化によって経費が節約される

労務管理システムがコスト削減につながる大きな理由は、労務管理作業の負担軽減です。

また、労務管理システムはページCで労働管理を一本化できるため、毎月用意するタイムカード関連の印紙代やインク代の経費を節約することもできます。
そして、自然とペーパーレス化が促進されるため、導入後はコピー機のリース契約など、関連サービスを見直すことも可能です。

2.労務管理システムによるコスト削減は人件費の効率化でもある

タイムカードは打刻されたデータを集積して、それをもとに給与計算という流れになります。しかし、労務管理システムは自動的にデータが集積されるので、給与計算ソフトと連動させれば自動計算が可能となります。

例えば、労務管理のために時給で人を雇った場合を考えてみると、コスト削減の効果が分かりやすいでしょう。
従来は一連の作業に20時間かかっており、労務管理システムの導入で10時間にまで短縮できたとします。すると、以下のようにコストの差が出ます。

  •  「時給1000円」×「20時間」=「20000円」
  •  「時給1000円」×「10時間」=「10000円」

労務管理の作業時間が減ることで、自然と業務効率化に繋がります。「人件費の効率化」という捉え方をすると、労務管理システム導入の効果を想定しやすいかもしれません。

また、労務管理に膨大な作業時間を取られると「人が足りない・・・」という悩みも出てきます。この点も、作業時間を短縮できると人材雇用をしなくても済むという、コスト削減のメリットが見えてきます。

3.労務の業務効率が上がる

労務管理システムの主な機能は、以下のような内容があります。

  •  個別の労働管理が可能
  •  日次のリアルタイム管理が可能
  •  労務情報は自動で集積

  •  給与計算ソフトと連動
  •  マルチデバイスでの勤怠打刻が可能

基本的に労務管理で必須となる「労働時間の管理」や「データの集積」といった作業は、労務管理システムで一括管理できます。

特に便利なのが「データを集積する手間が省ける」という点です。従業員が打刻したデータはリアルタイムで労務管理システムに記録されていくため、労務の業務効率が大幅に上がります。

従業員にとっても、スマートフォンやページCなどマルチデバイスで簡単に打刻することが可能です。製品によっては社内のページCにログインすると、自動打刻になるという機能が備わっているタイプもあります。

4.膨大な時間がかかる集計作業を削減できる

労務管理システムは「タイムカードの集計作業」を削減できるため、担当者の仕事内容を見直すことも可能です。

例えば、タイムカードの集計作業時間が削減できることで、その時間を従業員のワークバランス分析に使うことにより、過度な残業を防止して労働環境の改善に繋げることも可能となってきます。

5.給与計算も効率化できる

労務管理システムは時給集計など簡単な給与計算機能が付いているタイプもありますが、基本的に給与計算は別ソフトを使う必要があります。

その際、労務管理システムのデータをそのまま給与計算ソフトにインポートすることができるため、給与計算ソフトに1つ1つのデータを入力する必要はありません。

多くの労務管理システムはさまざまな給与計算ソフトに対応しているため、現在使っている給与計算ソフトに対応しているかを確認して労務管理システムを選びましょう。

6.不正打刻の防止ができる

労務管理システムには、以下のような打刻機能があります。

  •  生体認証による打刻
  •  本人のスマートフォンなどの端末と連動

  •  打刻データはリアルタイムで反映

特におススメなのは、生体認証による打刻です。

最近では、スマートフォンでも生体認証が搭載されている商品がリリースされています。生体認証は本人でなければ認知しない機能なので、なりすましの不正打刻はできません。

7.労働法への対応がスムーズ

「労働法」とは、従業員を雇用する際に会社が守るべき法律です。

この労働法において、例えば、労働時間は原則として休憩時間を除いて「週40時間」の「1日8時間」と定められています。
しかし、従業員と会社の間で実際の労働時間が上記に反しているのではないか、というトラブルが発生することもあります。

こうしたトラブルが起こった場合に会社の労務管理が焦点になるため、労務管理システムでしっかりと従業員の労働管理ができていると、労働法への対応がスムーズになるというメリットがあります。

8.勤務超過を防止できる

労務管理システムは、従業員の労働時間をリアルタイムで管理できます。これによって勤務超過を防止することも簡単です。

タイムカードの場合は、データの集積をしなければ状況を把握することができません。また、定期的に勤務超過を防止するために状況を把握しようとしても、従業員1人1人のタイムカードをチェックしていかなければならないため、現実的には難しいところがあります。

まとめ

労務管理システムは従業員の労働管理をページCで簡単に行うことができ、今回紹介したようにさまざまなメリットを得ることができます。
月額制の低コストで導入できる製品も多いので、労務管理を見直したい場合には検討してみてはいかがでしょうか。

比較表

商品名 SmartHR ジョブカン労務管理 jinjer労務 人事労務freee オフィスステーション
SmartHR ジョブカン労務管理 jinjer労務 人事労務freee オフィスステーション
特徴 ■人事・労務を楽に
■ペーパーレス!紙の配布や管理ゼロ
■労務の手続きに対応した書類を自動作成
■従業員情報を一元管理
■Excelや紙で散らかりがちな従業員情報を一元管理
■従業員との労務手続きのやり取りがスムーズに
■社会保険の手続きに必要な書類を自動作成
■入退社の手続きがオンライン完結
■スケジュールやTODOを可視化・管理可能
■毎月の勤怠管理から給与計算、給与明細の作成を楽に
■従業員数に応じた給与計算・労務管理の課題を解決
■手続きに必要な情報を自動入力
■シンプルな画面構造と便利で簡単な機能
■マイナンバーに完全対応
料金プラン ■従業員数1〜50名
月550円/ユーザ
■従業員数51名〜
お問い合わせください
※年間一括払い
■有料プラン
月400円/ユーザ
※機能制限付きの無料機能あり(5名まで)
■有料プラン
月300円/ユーザ
※最低利用料金は月3,000円
※年間契約となります
■ライトプラン
月1,980円、年23,760円
※4人目以降、月300円/ユーザ
■ビジネスプラン
月3,980円、年47,760円
※4人目以降、月1,000円/ユーザ
※上記はすべて年額プラン選択の場合の料金
■登録従業員数10人まで
月900円
■登録従業員数20人まで
月1,800円
■登録従業員数30人まで
月3,000円
■登録従業員数50人まで
月5,000円
■登録従業員数100人まで
月10,000円
初期費用(税抜) 無料 無料 無料 無料 無料
無料トライアル
(15日間)

(30日間)

(30日間)

(30日間)

(30日間)
サポート対応 初期導入支援
(有償提供)

(有償提供)
-
電話 -
(ビジネスプランに搭載)

(有償提供)
メール -
チャット
管理者機能 入社・退職の手続
扶養変更の手続
住所変更の手続
氏名変更の手続
従業員への情報入力依頼
ToDoリスト -
電子申請対応
マイナンバー収集・管理 -
年末調整 近日対応予定 -
従業員一覧のダウンロード
給与計算ソフトとの連携
(実装予定)

商品一覧

jinjer労務

jinjer労務

株式会社ネオキャリア

  • 入退社の手続きがオンラインで完結
  • 各種手続き申請書類の自動作成
  • 入退社フローのTODO管理をカスタマイズ

無料トライアル30日間

クラウド人事労務ソフト SmartHR

クラウド人事労務ソフト SmartHR

株式会社SmartHR

  • 情報収集を簡単に。各種書類を自動作成
  • ペーパーレス!紙の配布や管理をゼロに
  • 常に最新の従業員情報で一元管理

無料トライアル15日間

オフィスステーション

オフィスステーション

株式会社エフアンドエム

  • 半日業務を3分にできる労務手続き業務改善
  • 97帳票の社会保険、労働保険に対応
  • 累計約20万件の電子申請実績

無料トライアル30日間

ジョブカン労務管理

ジョブカン労務管理

株式会社Donuts

  • 労務業務をミスなくシンプルに一元管理
  • 全ての従業員情報をクラウドでまとめて管理
  • 帳票作成から電子申請まで、自動化・効率化

無料トライアル30日間

人事労務freee

人事労務freee

freee株式会社

  • 給与計算から年末調整、入退社手続きが可能
  • 数人規模から数百人規模まで対応
  • データ管理を一元化

無料トライアル30日間