MAツール(マーケティングオートメーション)「List Finder」導入事例

この記事をシェア twitterfacebookこのエントリーをはてなブックマークに>追加



【導入背景】

Webサイトにどんな方が来訪しているかが分からず、ターゲットを絞らずDM配信

List Finder導入前は、他社のメール配信ツールを使って営業リストにメールマガジンを配信していました。しかし当時はターゲットを絞らず、ただ配信しているだけで、フォローもしておらず送りっぱなし。お客さまがアクションをしてくれるのを待つのみ、という状態でした。

通常の営業活動は、勘を頼った電話営業と、ポスティング活動をひたすらにしており非効率でした。もっといい案件創出・見込み顧客育成の方法はないかと探していたところ、セミナーでList Finderについて知りました。

メールを配信した結果から確度の高い方だけをフォローするという手法が、メールマガジンを実施している自社にとってはあっていると感じましたし、また価格や機能的にもちょうどよかったので、導入を決めました。



【導入効果】

有望な見込み顧客を「見える化」して見込み顧客管理を行い、効果的なメール配信が可能に!

展示会や資料請求、お問い合わせで獲得したけれども商談につながらなかった見込み顧客を、どのように商談につなげるかが課題でした。もともとメールマガジンも配信していましたが、ターゲットが絞れていなかったので思うように成果が出ませんでした。

List Finderを使いはじめてから、Webサイトに訪れた見込み顧客の「見える化」ができ、営業担当者にもその日のうちにホットリストとして渡すことができるようになりました。営業側からは「革新的」と言われ評価も上々です。

またList Finderの機能を使うことで見込み顧客管理から抽出したデータに沿ったメール配信が可能になり、アクセス解析から見込み顧客管理、メール配信までを一貫して利用できるようになりました。複数のツールを管理する手間がなくなり、非常に便利になりました。

もちろん配信後の効果を把握できるようになり、Webサイトの改修にも役立っています。

これからも上手に利用していきたいと思います。

この記事をシェア twitterfacebookこのエントリーをはてなブックマークに>追加