会計ソフト(会計システム)「マネーフォワードクラウド会計」導入事例

この記事をシェア twitterfacebookこのエントリーをはてなブックマークに>追加

MFクラウド会計導入事例


【導入背景】

税理士と仕訳のルールを決めていても解釈のズレが生じていました

もともと、弊社は管理サイドの人材が少なく、記帳代行を税理士さんに依頼し、経理ソフトもインストール型のソフトを使用していました。月に2、3回の頻度で、集計した領収書の束と売上のデータ、銀行の記録を税理士事務所に送付し、税理士さんが入力した仕訳データを、月に1回CSVやPDFで受け取って会社のローカルPCにインポートしていました。

しかし、事前に仕訳のルールを決めていても、税理士さんと弊社の間で解釈のズレが生じてしまうんです。そのたびに電話やメールで確認を取ることがお互いにストレスフルで、無駄な時間が非常に多かったです。


会社の数字をいかに早く関係者に共有できるか

外部の関係者が常時クラウドから情報を確認できるようにしたいと考えていました。また、会社の規模が大きくなると、経理業務を外部に委託することが難しくなったり、数字の把握もリアルタイム性が求められるため、社内で経理状況を把握する必要性が高まります。こうしたことから、条件にマッチする経理ソフトへの乗り換えを検討しました。


【導入効果】

税理士さんが使いやすいというのも選んだポイント

仕訳入力も税理士さんと一緒に試してみましたが、「マネーフォワードクラウド会計」はとても使いやすかったです。仕訳入力は基本的にはアウトソースしているので、税理士さんが使いやすいか、というのも経理ソフトを選ぶ上で重要なポイントでした。また、自分で作業する可能性もあるため、私も仕訳の入力を実際に試し、問題ないことを確認してから導入を決めました。


経理ソフトに「マネーフォワードクラウド会計」を導入して経理の作業負荷が大幅に軽くなりました

「マネーフォワードクラウド会計」の銀行やクレジットカード情報の自動取得機能は非常に重宝しています。今までは銀行のデータをダウンロードして税理士事務所に送っていたのですが、完全に自動化。また、データ反映がリアルタイムなので、財務状況の素早い把握が可能になりました。やはり、見たいときに見れないという不安を解消できた点は大きいです。

この記事をシェア twitterfacebookこのエントリーをはてなブックマークに>追加