労務管理システム「クラウド人事労務ソフト SmartHR」導入事例

この記事をシェア twitterfacebookこのエントリーをはてなブックマークに>追加

クラウド人事労務ソフト SmartHR導入事例


【導入背景】

前任者は人事労務や総務を1人で担当していたため、タスクが広範で量も多く、なかなか仕事が終わらない状況でした。業務内容を見直す中で、労務管理が最も大きな負担となっていることがわかり、特に負担だったのが、煩雑なペーパーワーク。記入漏れや記入ミスなどヒューマンエラーもたびたび起こるため、他の業務進行との兼ね合いの中で、ペーパーワークの軽減が大きな課題となっていました。



【導入効果】

導入前は労務管理に月7日間ほど費やし残業も発生していましたが、SmartHR導入後は業務が効率化され、今までのように長い時間を割くことがなくなり、現在では月2日ほどに短縮されました。導入前と比べると1/3以下です。

以前は労務専任の担当者を採用しようという話もあったのですが、他の業務を兼任しながらでも労務管理できるようになったため、余分な時間やコストを割くこともなくなりました。

SmartHRの利用料を差し引いても、年間数百万円のコスト削減を実現しています。

この記事をシェア twitterfacebookこのエントリーをはてなブックマークに>追加