BizTerraceストア

グループウェア「「Dialpad」電話はクラウドとAIで進化する」導入事例

「Dialpad」電話はクラウドとAIで進化する導入事例


【導入背景】

スペラファーマは、医薬品治験薬の開発・製造受託を専業とするユニークな事業で2017年7月に業務を開始しました。会社設立から事業開始までの準備期間が僅か2ヵ月しかなく、早急にオフィスのインフラを構築する必要があり、通話環境に関しても迅速に構築できる方法を模索していました。

通信キャリアやベンダなど複数の会社を比較検討し、他社からは従来通りのPBXを設置した構成の提案を受ける中、ソフトバンクからはクラウドサービス「Dialpad」の提案を受けました。物理的な機器がいらないためコスト削減が期待できる点、導入開始後すぐに利用できる点が魅力でした。さらに、チャットやビデオ通話といった音声通話以外にもビジネスユースに役立つ機能があり、社内のコミュニケーションツールを集約できると考え、「Dialpad」を活用した通話環境を構築することに決めました。



【導入効果】

導入を決めたものの、多くの社員は固定電話に長年慣れ親しんでおりましたので、ツールを一新することには抵抗もありました。しかし、チャットやビデオ通話などの機能を使いこなせば固定電話以上の役割を果たすことも認識していたため、社員の不安を解消するために導入後のフォローを徹底して行いました。集合研修を開催したり、導入直後の数週間はオープンスペースに相談窓口を開設するなどして、随時質問を受け付られる体制をとりました。それにより、導入から約半年経った現在ではほぼ問い合わせがなく、会社のコミュニケーション基盤として、これまでの内線電話以上の重要な役割を担っています。

Wi-Fi環境さえあれば、新たに海外利用向けのプランに入る必要なく利用できるので、海外での利用にも利便性を感じております。海外出張へ行った社員からも好評を得られ、国内外で積極的な活用が進んでいます。