BizTerraceストア

グループウェア「Office 365」導入事例

Office 365導入事例


【導入背景】

巴工業株式会社は国内約550アカウントのメールシステムをソフトバンクが提供する「ホワイトクラウド メールサービス」、クライアント側のメールソフトはWindows 7の「Windows Live メール」で運用していましたが、スパムメールのフィルタリングやマルウェア対策をより強化したいと考えていました。

メールシステムに個別のセキュリティ製品を導入する対策も検討しましたが、次々と発見される新種のマルウェアに対してその都度個別製品で対応することは、導入コストや運用負荷の面から現実的ではないと判断し、クラウドサービス型のメールシステム導入を決めました。

クラウド型メールシステムを含んだグループウェア製品を比較検討したところ、機能やコストの面で大きな差異はなかったものの、中国での運用実績に違いがありました。

同社は中国に複数の拠点を持ち、海外出張で同国へ渡航する機会が頻繁にあったため、中国での運用実績の多い「Office 365」を選択しました。

既存メールシステムを運用していた実績から、シングルサインオンの構築も含めてソフトバンクから「Office 365」を導入しました。



【導入効果】

「Office」の既存ライセンスを継続利用し、「Office 365」はメール、予定表、連絡先、ポータル、ストレージ、プレゼンス、ビデオ会議、SNSが入った「Office 365 EnterpriseE1」を採用しました。

以前のリッチクライアント型メールソフト「Windows Live メール」からWebアプリケーション型の「Outlook on the Web」での利用に切り替えたことで、メールデータをローカルPCに保存しなくなり、PCの故障でメールデータを紛失するリスクがなくなりました。また、スパムメールの排除やマルウェア対策は常に最新の対策が施されるため、個別のセキュリティ対策を実施することに比べ追加コストや運用負荷もなくなりました。